振り込め詐欺防止のチラシポスティング

最近は、出かける機会があったときは、ポタリングコムショップのチラシポスティングをしていますが、ただの宣伝ではなく、チラシ半分を防犯の啓発に役立てる「チラシ半分防犯プロジェクト」の一環として配布しています。

一番大事なのは独自のルールで、「集合住宅に行かない」「ポストの表示厳守」「敷地内に入らない」を守ってのチラシポスティングを実践しています。これは、一戸建てのみで、ポストに禁止表示などが書かれていないポストだけに投函することや、塀・壁、門などがあって、敷地内にポストがあって、中に入らないと配れないような敷地内には入らないことなどを守っています。敷地内といっても、塀などが無く、関係者以外立入禁止などの部外者の立ち入りを制限するような表示が無い、そして道路に近いところにポストがある場合は、歩いていって配ったりしていますが、あまり奥まったところにポストがあったら配りません。

コンビニや、ピザやカレーなどの宅配、学習塾、不動産屋など、チラシポスティングしているところは多数ありますが、自分のように、配ったものが無駄にならないように、できるだけ見てもらえるように気をつけている人は居ないかもしれないですね。

そして「振り込め詐欺防止」のための活動。テレビなどで振り込め詐欺のニュースを見たり、NHKの首都圏ネットワークで振り込め詐欺に遭わないようにするコーナーなどを見ていると、自分でも何かできないかと思えてくるのですが、今まで考えていたのは新聞折込広告で、朝刊に多数の折込チラシがあって、それを見ている途中で突然「振り込め詐欺に注意」と出てきたら、「そうそう、注意しないとね」という感じに思うのではないでしょうか。それを期待していました。

しかし、折込チラシで不特定多数に宣伝するために自分の住所や名前などを載せるわけにもいかない(個人事業主というわけではない)ので、ポタリングコムショップのURLなどを載せていたのですが、連絡先が紙面に記載されていないと、責任の所在が明らかではないということで折込チラシとして新聞に入れられないと言われてしまい、一度折込広告料金を払ったものの、のちに返金となり、チラシも返却となりました。そのため、もうポスティングするしか配布できないため、これで振り込め詐欺防止に役立つかどうかは自信がありません。

とは言っても、何もしないよりはいいと思うので、振り込め詐欺防止に役立たないとしても、今現在手元にあるチラシの残りを全て配布する予定で、もしもこの活動が好評だった場合(続けてほしいという声があった場合)は、予算が続く限り、できるだけ続けたいと思っていますので、応援していただければと思います。

ポタリングコムショップの売り上げが全く無い中、ほとんど諦め、採算度外視で頑張っていますので、よろしくお願いします。

ポタリングコムショップがんばる!

たぶん「黒字にはならない通販サイト」。今までいろいろなことをしてきて、それが収入に繋がったことがないので、ポタリングコムショップも黒字にはならないと思っています。そんなサイトのアクセスを増やそうと頑張るのがこのサイトです。